FXと通貨の関係

 

 リファレンス: 【ハイローオーストラリア.club】

FXは外国為替市場の為替相場を利用し、異なる2つの通貨を一組のペアとし、これを互いに売買することによって取引きを行っていく投資になります。

このFXで利益を効果的に出していくためには、為替相場のレート変動をいかに予測していくのか、という事が主体になっていくのですが、この為替相場のレート変動は、それぞれに選択されている通貨ペアの通貨間の相場になっており、通貨ペアごとに相場が異なっています。

例えば日本の円を利用してアメリカの米ドルと取引きをする為替相場の変動と、ユーロ圏のユーロを利用して米ドルと取引きをした場合の為替相場の変動は、同じ米ドルを使って取引をしていても、その動きが全く違っているのです。

こうしたことにより、為替相場の動きを予測する前提として、通貨のそれぞれの特色をつかむ事によってより予測の精度を高めることができますし、また通貨の個性を知ることによって、自分の行う投資のスタイルとの相性や、投資を行いたい方向性との通貨との組み合わせなども分かることになるため、FX取引を有利に展開させることができるようになります。

外国為替市場で一番の取引量と流通量を誇っている通貨は、アメリカの米ドルになります。

米ドルは、世界の全ての通貨の価値の基準となっている基軸通貨であり、世界のあらゆる場所での貿易や売買取引において利用されている通貨のために、安定した値動きをし急激な相場変動などを起こしにくい通貨として知られています。

この米ドルに次いで取引量と流通量が多い通貨が、ユーロ地域のユーロになり、欧州では特に強い力を持っています。

第二の基軸通貨とも呼ばれており、アメリカの米ドルと市場を大きく二つにしている関係から、米ドルの価格が下がるとユーロの価格が上がり、ユーロの価格が下がると米ドルの価格が上がるという相対関係を持っています。

また、FX取引きで通貨の金利差であるスワップポイントを利益として求めていく長期間の取引きを考えるのであれば、高金利の通貨を探していくことも必要になります。

高い経済成長力を持つ国や、資源産出国などは、通貨に対して高い金利を設定していることが多く、こうした観念から見ていくと、オーストラリアの豪ドルやニュージーランドのニュージーランドドル、南アフリカの南アフリカランド、トルコのトルコリラなどは、経済成長や資源算出といった面から、高い金利を設定していますので、金利差を求めるスワップトレードを行うには有利な通貨と言えます。

また、日本の円やスイスのスイスフランなどは、金利が低いことから先のスワップトレードにおいて、高金利通貨の金利差を有効に引き出せる通貨として利用されることがあり、また、どちらの国も極めて安定している通貨であるとされているために、世界の金融に不安感があった場合には、投資資金の回避先として利用されるために、通貨が買われていく傾向があります。

このように、通貨にはそれぞれの特性があるために、場合によっては相場の予測とは違う動きなどをすることがあり、こうしたことを踏まえておくことで、見識を深めて対策を打つこともできますので、自分の取引きをする通貨の情報はなるべく抑えるようにしておくのがよいでしょう。