透明性の高いレートを顧客に提示

 

sdfjj489 海外FX会社は透明性の高いレートを顧客に提示しているのが魅力です。海外FX会社ではNDD方式と呼ばれるインターバンク(カバー先)直結で顧客の注文が執行される仕組みを採用しています。

海外FX会社は顧客とカバー先を繋げる役割を担っています。複数のカバー先をご用意している場合はその中から一番顧客にとって最適なレートが提示されます。取引手数料は基本的に無料ですので、海外FX会社側に入る収益は買値と売値の差であるスプレッドだけです。

NDD方式は顧客の取引回数が増えれば増えるほど収益が増えるのです。国内FX会社ではこのNDD方式を採用しているところがほとんど無く、相対取引と呼ばれるDD方式を採用しているところばかりです。このDD方式では顧客の注文をいったん国内FX会社が受けてからカバー先へ流す仕組みになっています。

このため顧客の損が国内FX会社への収益に繋がります。国内FX会社の収益が増えるようにレートをずらしたり、顧客に不利な価格にすべるスリッページが発生したり、ストップ狩りなど意図的な操作が行われる可能性があります。今ではそんな操作を行っている国内FX会社は無いでしょうが、透明性の高いレートを提示しているとは言えない状況です。

しかし海外FX会社なら意図的なレートの操作をする意味が無いので安心して取引できるのいうのはとても大きなことです。その代わりに国内FX会社より海外FX会社のほうがスプレッドが広めであることが多いです。スプレッドの取引コストはかかりますが、注文拒否されたりスリッページが発生することはほとんど無いのでその分相殺が狙えます。

特にスキャルピング手法でわずかなpipsを狙っているトレーダーには注文拒否なしスリッページなしのほうが取引しやすいです。海外FX会社は国内FX会社のように信託保全が義務化されていないのでもしもの破たんが心配です。無登録の海外FX会社の中には出金拒否が起きることがあります。国内FX会社のように情報量が多いわけでは無いので中々信頼性の高い海外FX会社を探すのは大変ですが、きちんと海外のライセンスを取得していることが大切です。

特に審査が厳しく取得が困難な英国金融サービス機構やバイナリーオプション格付けランクと攻略法ここに載っている様なキプロス証券取引委員会などのライセンスを取得していると信頼性が高いです。特に英国金融サービス機構のライセンスを取得している海外FX会社ならもし破たんしても2万ユーロまで顧客の資産が保証されています。あとは海外FX会社で検索して良く名前の出てくるところなら安心度は高いです。